乾燥肌もニキビはできる。ちゃんと知って予防。

乾燥肌。

それは皮膚からうるおいが無くなっている肌の状態です。

肌からうるおいが無くなるというのは、皮脂の減少や角質を繋ぐ角質細胞間脂質の減少などいろいろな原因が考えられます。

そして、乾燥肌でニキビができやすくなる原因は角質層崩れによる毛穴つまり。

乾燥肌は皮脂の分泌が少なくなっている状態なので、毛穴が詰まりにくいような気もしますが崩れてしまった角質層が毛穴をつまらせてしまします。

その結果、毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌が繁殖。ニキビの始まりという訳なんですね。

乾燥肌の解決

乾燥肌の場合は、肌にうるおいが足りていない状態なので、うるおいを取り戻す必要があります。

では、うるおいって何でしょうか。

それは水分と油分なんですね。

そして、肌の表面と肌の内面の二つをケアしていく必要があります。

肌の表面は本来体が内部から分泌する皮脂が不足しているので乾燥してしまいます。

保湿用のジェルやクリームなどを上手に利用して乾燥を防ぎます。

そして、肌の内面。

乾燥してダメージを受けた肌細胞にうるおいを取り戻すのと

その肌細胞を繋ぐ角質細胞間脂質のうるおいを取り戻す必要があります。

洗顔

洗顔はとても重要です。

乾燥肌で古くなった角質が毛穴に詰まることがニキビの原因であるならば、その詰まった角質を取り除く必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする