混合肌から始まるニキビとの関係を知って予防

混合肌。

オイリー肌と乾燥肌の二つの性質を持つ厄介な状態の肌です。

オイリー肌は皮脂が過剰に出ている状態。これが毛穴につまりアクネ菌の繁殖に繋がります。

そして、

乾燥肌は肌からうるおいが無くなっている状態。角質層に異常が起きていて肌が十分にうるおわない状態。

オイリー肌と乾燥肌、ぱっと読むと逆の性質に見えますがこれが合わさった最悪の状態が混合肌なんです。

皮脂が過剰にでていて、しかも角質は乾燥している。

つまり、角質崩れが起きてしまい毛穴が詰まる。詰まった毛穴には大量の皮脂が溜まっていく。

これがアクネ菌のエサとなりニキビの状態は一層ひどいことになるんです。

ただ、最悪な状態の混合肌といっても、珍しい肌状態ではありません。

混合肌の人は非常に多く、特にTゾーン(おでこから鼻にかけて)は混合肌の人が状に多いのです。

多くの場合は生活習慣に大きく左右される肌状態。

混合肌の解消をまずもって見直して正常な肌状態に戻していくのが必要です。

しかし、肌の状態が正常に戻るまでの間まっていててはニキビだけでなく肌に影響は少なくありません。

オイリー肌と乾燥肌で重要なケアをしっかりすることでニキビ予防につながります。

それは洗顔と保湿。

ニキビの予防はとにかく毛穴を綺麗にすること。

毛穴に詰まった皮脂をしっかり取り除く、崩れてしまった角質をしっかり取り除く。

毛穴詰まりをしっかりケアすることがニキビ予防の第一歩です。

そして保湿

乾燥といっても肌の外側をいくら保湿しても効果は薄いでしょう。

何故ならオイリー肌でありながら乾燥肌であるということは肌の外側よりも内側をしっかり保湿する必要があるのです。

だから、肌の内部が乾燥している状態をとにかく改善して角質崩れを予防します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする