大人になってのおでこニキビの原因と対処方法

nikibicare021

おでこにできる、おでこニキビ。

思春期によくできる場所ですね。

でも大人になってもできちゃいます。

それは、Tゾーンと呼ばれるおでこから鼻にかけて皮脂腺が多い場所が関係しているんです。

おでこニキビの原因は?

おでこは肌への刺激や生活習慣の乱れが多くの場合ニキビの原因になります。

それは、髪の毛がおでこに触ってしまい肌への刺激、汗を吹くためにおこでを触り刺激に、シャンプーや整髪剤がおでこに触り肌の刺激に。

おでこを刺激することって思っている以上に多いんです。

しかも、ニキビができてしまったら、この刺激がおでこニキビを悪化させてしまうんです。

加えて厄介なのは大人になってからできるおでこニキビは治りにくい。

頭が痛いとはまさにこのことです。

おでこニキビの対処方法

おでこニキビでやっかいなのは肌の状態で予防する方法は変わってきます。

いいかえるなら年齢で変わるといってもいいでしょう。

10代でできるおでこの思春期ニキビ。

これは、皮脂が多いため毛穴がつまりニキビができてしまいます。

若さゆえの、うるおい過ぎた肌が悪い方向に傾いてしまうんですね。

しっかりとした洗顔で皮脂をしっかりおとし、保湿を加える事がニキビ予防の第一歩です。

20代以降でできる大人ニキビ、おでこニキビ

20代のおでこニキビ

学業、仕事に恋愛、20代はいろいろと忙しい年代でなかなか生活習慣を安定させることができません。

生活習慣の乱れが肌の乱れと言っていいくらいです。

オイリー肌の場合は10代のケア方法と同じですね。しっかりとした洗顔とうるおいでケアしていきましょう。

乾燥肌の場合は。質の高い洗顔と肌の外側と内側のうるおいをケアすることでニキビを予防していきます。

20代はなによりも、生活習慣の乱れを意識して見直していくのが重要です。

30代のおでこニキビ。

30歳はお肌の曲がり角。

残念ながら避けて通れないのが加齢の問題ですね。

肌のうるおいが著しく減少し、角質層の生まれ変わりターンオーバー遅くなってきます。

20代の頃のお肌ケアがそのまま跳ね返ってくる年代です。

とにもかくにも保湿が重要です。

肌の外の保湿、洗顔ののちしっかりと肌表面を保湿することで正常な肌状態をすこしでも長くケアします。

肌の内側の保湿、見た目だけではないのがコラーゲンなどの減少。肌の内部の水分も減ってしまっているのでしっかりケアしていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする