オイリー肌は要注意。できるニキビとの関係を知って予防

オイリー肌、脂性肌。

言葉は違いますが、肌の状態としては同じで意味です。

オイリー肌の人は肌より皮脂が過剰部分泌され、「顔のテカリ」や「べたつき」「毛穴の汚れが気になる」といった症状が現れます。

洗顔や油取り紙など気が付いたらケアしているのにいくらやっても追いつかない。などの症状がよくあるケースです。

そしてオイリー肌の方はニキビが非常にできやすい肌環境であることを自覚しておくべきでしょう。

そもそもニキビとは肌の毛穴が詰まることによって起きる炎症です。

そして、炎症が起きる原因がアクネ菌の繁殖。

毛穴つまりが起きると、なぜアクネ菌が繁殖するのでしょうか。

それは、肌の作りの問題なんです。

毛穴はそのなのとおり毛が生えてくる個所ではありますが、それ以外に体を守ってくれる皮脂の分泌を行う部分でもあります。

毛穴が詰まるとこの皮脂が正しく体の外に排出できず、詰まった毛穴に溜まります。

そして、アクネ菌はこの皮脂が大好物。

アクネ菌は皮脂を栄養素として繁殖を繰り返します。

その結果、毛穴はアクネ菌にやられ炎症を起こします。

これがニキビができる仕組みなんですね。

オイリー肌の人はこの皮脂が普通肌の人に比べて多く分泌されている状態です。

毛穴は皮脂を排出する仕組みを持っていますが、出ていく以上に分泌されると毛穴つまりをおこまします。

毛穴が詰まったうえ、そこにはアクネ菌の好物が沢山。

そうオイリー肌の人は、ニキビができてしまう条件を多く抱えているんですね。

ではオイリー肌の人がニキビを予防するためにはどうすればよいのでしょうか。

まずは洗顔

洗いすぎてもダメ、そして簡単に済ませてしまってもダメ。

単純そうで実は難しいのが洗顔です。

肝心なのは毛穴つまりを予防する洗顔。そして、肌から皮脂を取り除く洗顔。

朝起きてからそして夜寝る前の1日2回、あくまで優しく肌をいたわりながら洗顔するのが重要です。

皮脂を肌から根こそぎ落としても、肌からはさらなる皮脂の分泌が行われます。

なので、適度な量の洗顔が1日2回程度という訳なんです。

保湿

オイリー肌の場合のニキビは、肌から皮脂が過剰にでている状態というのは分かったかと思います。

となれば、過剰に皮脂をださない肌にすることを考えていけば答えにたどり着きます。

それは、保湿。

単純に洗顔をして皮脂を肌から排除するだけでは駄目なんです。

肌から落とした皮脂。本来体を守ってくれる役割を持っています。

体は皮脂が体から無くなったことが分かるとさらなる皮脂の排出を始めてしまいます。

外敵から守るといった意味では心強いですが、ニキビの事を考えるとやっかいな話です。

つまり、肌から無くなった皮脂を補っておかなければ意味をなしません。

洗顔後、化粧水や乳液で肌のうるおいを保つことでさらなる皮脂の分泌を食い止めることができるんです。

そうすることで、皮脂から生まれる毛穴つまりを防ぎ、アクネ菌の好物の分泌を抑えることができるんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする