思春期ニキビとは?普通のニキビと何か違うの?

nikibicare016

思春期ニキビ、一般的によく聞く言葉ですが、そもそも思春期ニキビって何でしょうか?

実は、思春期ニキビといっても特別なニキビではありません

大人ニキビも思春期ニキビも同じニキビになんです。

ただ、そのできる過程と肌の環境の違いで分けられるんですね。

大人ニキビとは?思春期ニキビとは?

思春期ニキビとは、10代でできるニキビを指します。

何故、10代限定なのかというと体が成長する、体内の変化、その過程で肌より分泌される皮脂の量が多くなることが始まりです。

これは、20代以降の肌トラブルなどとは違い、体の成長に伴うものなので正常な働きなんですね。

思春期ニキビができるのは、この過剰な皮脂が洗い流せず毛穴に詰まって発生します。

思春期ニキビを防ぐためにはこの過剰な皮脂を抑える、綺麗にすることがカギなんですね。

ちなみに、20歳を超えてからのニキビを大人ニキビと呼びます。

一昔前までは吹き出物と呼ばれるものでした。

10代の思春期ニキビと大きく違うのは、肌トラブルやストレス、生活習慣の乱れといった生活の一部がニキビに直結してしまうことです。

思春期ニキビはTゾーンにできやすい

おでこから鼻にかけてのTゾーン。

思春期ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因というのは話した通り。

Tゾーンは顔の中でも皮脂の分泌がとても多い部分なんですね。

普通に生活していても皮脂の多い部分に、体の成長でさらに皮脂の分泌が多くなります。

多くなった皮脂が毛穴詰まりの原因、すなわち思春期ニキビの原因という訳です。

思春期ニキビの予防はまず洗顔から

思春期ニキビに限らず、肌を綺麗に保つには洗顔に始まり洗顔に終わります。

とにかく洗顔です。

できるだけ洗顔専用の石鹸やクリームを利用しましょう。

中には顔を洗うのなんて普通の石鹸で十分という方もいますが、一般的な石鹸での洗顔は刺激が強すぎることは覚えていてください。

肌への刺激が強いということは、ニキビを始め肌トラブルの原因です。

もちろん代謝がいい10代、一般的な石鹸で洗顔をしたからといって直ぐにトラブルが起きるわけではありません。

肌のトラブルは、蓄積されて初めて表にでるものです。

30~34度程度のぬるま湯で決して肌をこすらない様に、軽くなでるくらいの洗顔を行いましょう。

洗顔といえどもこするように、たたくように洗ってしまえば肌へのダメージは少なくありません。

洗い終わったら、柔らかいタオルで押し当てて拭き取ります。

時間がないからといってタオルで顔をこすったり、拭き取ってしまったら今までの苦労が台無しです。

もうお分かりかと思いますが、肌をこすったり肌を拭き取ってしまったりすると肌ダメージが発生するんですね。

洗いすぎは要注意

朝起きてからと夜お風呂で。1日2回程度で済ませましょう。

思春期ニキビの原因は皮脂の過剰分泌といってきました。

しかし、皮脂とはニキビを作るだけの悪い存在じゃありません。

皮脂は肌のうるおい、肌へのダメージの緩衝材、雑菌などの外敵から守る。

本来はそんな、心強い味方なんです。

そして、体は皮脂が肌から少なくなると新たな皮脂を分泌するよう働き始めます。

それは洗顔のしすぎても同じこと。1日2回の洗顔とは肌に適度な皮脂を残して置くのに十分な回数なんですね。

洗い流し過ぎると、さらなる皮脂の分泌に繋がり状況を悪化させるだけになってしまいます。

そして、正しい保湿を

中学生や高校生の事から化粧を積極的に使う事を嫌がる大人は少なくないと思います。

化粧はともかく化粧水や美容液、乳液で肌へ潤いを与えることはとても重要です。

肌への潤いは過剰な皮脂を抑える大切な役割を持ちます。

保湿と言っても水で洗っていれば済む話ではないですよ。

保湿の最大の目的は、いかにその成分を持続できるか。

朝、保湿して1時間後には大量の皮脂がでるようではあまり意味がないですよね。

正しい保湿は、肌を綺麗に保つ、ニキビを作らない肌へ仕上げてくれます。

できるだけ健やかに肌を整える、これも大切なニキビケア、スキンケアなんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする