ビタミンとニキビの関係。働きを知ってしっかり効果

post-284-001

ニキビとビタミンの関係は切っても切れないものです。

ニキビに限ったことではなく、体全般そして肌に欠かせないと言った方がいいでしょう。

それはビタミンや栄養素などの働きは肌のうるおいやターンオーバー、乾燥に係わるものが多くスキンケアでは欠かせないものだからなんですね。

多くは食べ物に含まれていますが、意識しなければ不足することもあるので、頭のに入れてバランスよく摂取、またはサプリメント補いようにしたいですね。

ニキビケアに必要なビタミンの存在。

ビタミンC

美容やお肌と言えばビタミンC。

ニキビも同じで、お肌を守る、お肌を作る、避けて通れないのがビタミンCなんです。

その力は、肌の老化の元の活性酸素の分解。皮脂の過剰分泌を抑える、ニキビ跡の一種、炎症性色素沈着をターンオーバーを整えることで解決に導くなどなどニキビだけでなく肌を美しくするために欠かせません。

ビタミンCとビタミンC誘導体

ビタミンCは食べ物から美容液、サプリメントなど、様々なビタミンCを含む商品があります。

そしてビタミンCでなく「ビタミンC誘導体を含む」ってなっている商品を見たことありませんか?

実はビタミンCは、熱に弱く又空気に触れるだけでも破壊されてしまうといった性質を持っているんです。

野菜など食べ物から摂取するとき、生野菜で食べた方が良いと言われるのはこのせいなんですね。

そして、空気に触れるだけで破壊されてしまうということはビタミンCをそのまま肌につけても効果がとっても薄くなります。

そこで、ビタミンC誘導体の出番なんです。ビタミンC誘導体は空気に触れても効果が失われないよう作られていて、化粧水などで利用されるんですね。

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性のビタミンの一種。肌のコンディションを保ち、再生を助ける働きを持っています。さらに肌の乾燥を防ぐ、老化を防止するなど肌に大きく関係してきます。

また、紫外線を浴びると体から減少し、食べ物やサプリメントで摂取することで増加します。

ビタミンB2

ビタミンB2は水溶性のビタミンの一種です。酵素と同じような働きをもち、脂質、糖質、たんぱく質などの分解を助けてくれます。皮膚の働きを正常にしてくれるビタミンB2は皮膚だけでなく体の発育を促進してくれるのです。

ビタミンB2が不足すると口内炎や頭皮にフケが増えるなど、肌に分かりやすいシグナルが現れます。

当然、肌トラブルはニキビへの最初の一歩。

ビタミンB2は体内に蓄積しておくことができないもの特徴です。

日々の生活で十分に心がけて摂取する必要があります。また、アルコールや運動によって失われます。

ビタミンB6

ビタミンB6は、水溶性ビタミンの一種です。酵素と似たような働きをもちます。

アミノ酸やタンパク質を体で吸収できるように働いてくれます。皮膚などの成長を促してくれます。

さらに、ビタミンB2との関係が強く、皮脂のバランスを整えてくれるので不足するとニキビ原因になりやすいのも特徴です。

またビタミンB6も体内に蓄積しておくことができません。

ニキビケアにはバランスよくビタミンを摂取することが肝心。

ビタミンについて、効果効能を色々記載してきましたが。

過剰摂取し過ぎると、体調を悪くするものもあるので注意は必要ですが、不足しても大丈夫な栄養や成分というのは無いんです。

そして、ビタミンもビタミンCだけを摂取すればニキビが起きないのかというとそんなことはありません。

すべては、バランスよく摂取することが肝心なんですね。

できるだけ食事など生活習慣を整えるのが良いには違いませんが、忙しい毎日を送るのも避けて通れませんよね。

日々の食事と、足りない分をサプリメントで上手に付き合いながらしっかり肌ケアをしていくこと続けることが重要なんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする