背中が綺麗だと思っているのは自分だけ?背中ニキビの治し方

nikibicare024

自分では見えないからやっかいな背中ニキビ。

結婚式、披露宴に温泉にプール、意外と周囲に見られることって多いんですよね。

中でもドレス系の洋服を着るときは背中が気になりますね。

できやすく、治りにくい、何より自分では分からない背中ニキビ原因と対処方法を見ていきましょう。

見えない恐怖、背中ニキビの原因とケア方法

背中ニキビの原因。それは、皮膚の厚さがポイントです。

肌の中でも、表面から皮膚の内部まで厚い皮膚で覆われています。

そして、皮膚の厚さにしっかり保湿でケアしないと乾燥を招き角質層の崩れに繋がります。

肌の角質層の崩れから背中の毛穴の詰まりが発生して、ニキビの原因になるんですね。

そして、体の変化を敏感に受け取るのが背中なんです。

ニキビに繋がる背中のかゆみは乾燥のサイン

背中が痒い。そんな思いしたことありませんか?

それは、肌が乾燥してカサカサの状態になっているからなんですね。

乾燥した肌は非常に敏感な状態になり、微弱な刺激にも反応をみせます。

それが、痒みとなって現れるんですね。

頻繁に背中が痒くなるなど体に変化が見られた場合は背中の保湿を気にした方がいいでしょう。

生活習慣の乱れが背中ニキビをおびき寄せる

肌の乾燥、睡眠不足、疲労やストレスといった生活習慣から乱れるホルモンバランス崩れが主な原因です。

ホルモンバランスが崩れることで男性バランスが増え、皮脂の分泌が多くなります。

皮脂の増加、毛穴の縮小など、ニキビの条件が整い始めます。

さらに、毛穴つまりが発生すると毛穴に皮脂が詰まります。

そこで雑菌が嫌な働きを始めます。

雑菌の一種のマラセチア菌は皮脂が大好物。

ニキビで詰まった皮脂を餌としてさらなる炎症を発生させます。

大量の背中ニキビが発生する原因はこれらの症状が重なった結果なんですね。

背中ニキビを解決する為には、生活習慣の見直し、そして背中に汚れを溜め込まないことが肝心なんです。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

背中ニキビと同じような症状で発生するのが毛孔性苔癬です。

背中に赤くぽつぽつができるものの、毛孔性苔癬は炎症が起きているわけではないので痛みがありません。

肌のターンオーバーが正常に行われておらず古い角質が毛穴に詰まってしまって発生するものですね。

他に、毛孔性苔癬は腕やお尻に症状がでます。

厄介な背中ニキビの治し方

背中ニキビができる原因は生活習慣からの体の変化です。

そして乾燥。原因を知ってしまえば、対策を行えばいいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする