ニキビ予防の為に、だけど知っておかないと面倒な正しい洗顔

smn-006

ニキビ予防の為だけでなく、お肌の基本となるのが洗顔。

洗顔もきちんと行えばそれだけで美白への近道に繋がります。

逆に誤った方法をとればニキビや肌荒れの原因に。

ニキビケアだけじゃない、肌を守る為に正しい洗顔方法を身につけよう

一言で洗顔と言っても、方法はさまざま。

洗い方で、素敵な肌を守れるのだから試さないのはもったいないです。

そして、習慣化してしまえばなんてことない事ばかり。

ちょっとだけ普段の意識を変えて、ニキビ予防に役立てましょう。

洗顔の前に必ず手を洗う

手は常に外部の物との接触がある部分です。

さまざまな雑菌やバクテリアなどが付着していて、しっかり洗っておかないと肌にこすりつけているようなものなんです。

それが、肌荒れやニキビの原因になることも。

しっかりと、手を綺麗にして洗顔に取り掛かりましょう。

ごしごし洗わない

顔に水をバシャーっと、あて肌をごしごし洗う。

なんだか青春ドラマの一幕で出てきそうな光景ですが、お肌には悪影響。

肌への刺激はそれだけでダメージをあたえることになります。

角質層の崩れはが、毛穴を塞いでニキビの原因になることも。

やさしくパシャパシャと軽く水をあてて、ポンポンと叩くように洗い流すのがコツです。

1日2回の洗顔

洗顔をすることによって洗い流される皮脂。

この皮脂は肌表面を守ってくれる働きをしてくれます。

しかし、洗顔をすることで皮脂を洗い流してしまうと肌は新たな皮脂を分泌始めます。

日になんども洗顔を繰り返してしまうとそれが習慣化して大量の皮脂が肌を包む事態に。

朝起きてから1度。夜帰宅してから化粧を落として、お風呂の時に1度。

適度な洗顔回数も肌やニキビケアには重要なんです。

できれば洗顔フォームで

市販されている石鹸は、体を洗うものですが洗顔には刺激が少々強すぎます。

洗顔フォーム、洗顔ジェルなど低刺激なもので洗い流すのが望ましいのです。

クレンジングオイルには要注意

洗浄力が高いクレンジングオイル。

メイク落としの時にすごく便利ですよね。

だけど、その強い洗浄力は肌の皮脂まで根こそぎ落としてしまいます。

皮脂の落とし過ぎは肌荒れ、ニキビの第一歩。

できればノンオイルのものに変えて利用するのがよいでしょう。

洗い終わったら、軽く拭き取る。

気持ちよく洗顔を終えた後、タオルでさっぱり水分を拭き取りたくなる気持ちはよくわかります。

しかし、洗顔後のタオルで肌をゴシゴシしては今までの苦労が台無しです。

できるだけ柔らかいタオルで軽くたたくような感じで水分を拭き取っていくのが正しい方法なんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする